生きていく上で欠かすことができない水。蛇口を捻れば出てきていつでも飲むことができますが、せっかくであれば毎日美味しい水を口にしたい、安全で使い勝手のいいものだとなおいい、そう思っているかたも多いでしょう。
そこで年々需要を高めていっているのがウォーターサーバーです。しかし、たくさんの業者が提供していることもあり、自分に合っているウォーターサーバーは一体どういったものなのか、悩んでいるという声も少なくありません。価格や機能などさまざまな点をしっかりチェックして、自分に合ったものをしっかり選んでいくことが大切です。

好みに合っている美味しい水かどうかが重要

何よりも、毎日利用するものだからこそ美味しい水を飲めるかどうかが最重要。水と一口にいっても成分や産地の違いで口当たりが異なります。もちろん、ウォーターサーバーで利用されているのは有害な物質を含まない安全性の高い天然水ばかりですが、好みは人それぞれです。また、主にどういった用途でウォーターサーバーの水を利用するかによっても適している水が異なってきますので、特徴を押さえて選んでいくといいでしょう。
まず一度、ペットボトルでいろいろな水を購入し、飲み比べてから導入するのもおすすめです。

軟水か硬水かも要チェック

たとえば、コーヒーやお茶を作るのがメインであれば、まろやかで主張をしない軟水が適しています。日本の水の多くが軟水で、日本食に利用するのもOK。味がよくしみて香りもよく立ち相性が抜群です。また、赤ちゃんのミルクを作ったり子どもも安心して飲めるのも軟水になります。
硬水にはミネラル成分が豊富に含まれていることから、健康志向のかたにおすすめです。不足しがちな成分を水から摂取できますし、消化器官に働きかけて便秘解消、動脈硬化予防などにもなるのが特徴。また、洋食を作るのに向いている水です。
ライフスタイルや食生活等を振り返って適しているのもを選んでみてください。

毎月かかる費用を比較

サーバーレンタル自体が無料となっているメーカーも多く、こういった業者を選んでおけば毎月かかる費用も購入した水のボトル代と電気代、それに配送料くらいでしょう。メンテナンス自体もそう頻繁に行われるものではなく、問題がなければ1年から3年に1回から2回程度で、消耗品の交換なども無料のところが少なくありません。
なるべく低料金でウォーターサーバーを導入したいというかたは、こうしたサービス料金ができるだけかからないところを探してください。

ウォーターサーバーのデザインで選ぶ

昨今ではとてもオシャレなウォーターサーバーが増えていて、設置する場所やインテリアに合わせてコーディネートすることができるようになりました。機能はもちろん重要ですが、サイズやデザイン、カラーなども見比べてみてください。
台所のデッドスペースにすっぽり収められるスリムサイズ、卓上に置けるサイズなど、実際に利用することを想定してみましょう。

ボトルが使いきりか毎回回収するシステムか

水の入っているボトルが空になった際に利用者側で処分をするか、業者が配送の際に空になったものを回収するかもメーカーによって異なります。
どちらも衛生面での管理が徹底されているためちょっとした手間の違いですが、長期間利用することを考えて面倒と感じないほうを選ぶのもポイントです。ただ、空きボトルを回収しなければならない場合には、業者が来るまで保管する必要があるためそれなりにスペースを取ります。部屋に余裕がない場合には使いきりボトルがおすすめです。

昨今のウォーターサーバーは機能にも優れており、リーズナブルな費用で設置できるようになりました。それぞれのメーカーで提供されているものの特徴をチェックして、気持ちよく使い続けられるものを見つけてください。

ウォーターサーバーを徹底比較したいならこちら
ウォーターサーバー口コミランキング

投稿日:1月 21, 2020 更新日:

執筆者: